【山形】丸く大きな目が特徴の女の子、長い脚がチャームポイント…「めがみちゃん」の着ぐるみ完成、舟形町の国宝土偶キャラ(写真)

1:2013/08/11(日) 15:14:42.75 ID:
 舟形町は、町内から出土した国宝「西ノ前土偶」のイメージキャラクター「めがみちゃん」の着ぐるみを作った。土偶のPRに活用、
子どもたちにも土偶への関心を高めてもらうのが狙い。町内外のイベントに登場させ、古里・舟形を盛り上げる。

 イメージキャラクターは2002年、舟形中2年生のアイデアを採用し、土偶の当時の愛称「縄文のビーナス」にちなみ「ビーナちゃん」
として誕生。12年の国宝指定の際、愛称が「縄文の女神」に変わったのに伴い「めがみちゃん」として再デビューすることになった。
着ぐるみは土偶活用法に関する町民アンケートでの提案を受け、制作した。

 「めがみちゃん」は丸く大きな目が特徴のかわいらしい女の子で、長い脚がチャームポイント。土偶が出土した日と場所に合わせ、
誕生日は8月4日、出身地は西ノ前遺跡とし、好物は町特産のアユ、趣味はお祈りなどユニークな設定にした。

 3、4の両日に開かれた「縄文の女神」の里帰り展、縄文炎祭(ひまつり)に登場。子どもたちと写真を撮影したり、「めがみちゃん」の
ペーパークラフトを配ったりして触れ合った。町まちづくり課は「今後もふながた若鮎(あゆ)まつりや物産展などに参加させ、
『縄文の女神』や町のPRに役立てたい」と話している。

ソース(山形新聞) http://yamagata-np.jp/news/201308/11/kj_2013081100251.php
写真=「西ノ前土偶」のイメージキャラクター「めがみちゃん」の着ぐるみ

2:2013/08/11(日) 15:52:42.04 ID:
>>1

余裕の2

てか、どう見ても無理がある設定にキャラ。

3:2013/08/11(日) 16:46:27.66 ID:
昔のNHK教育の、おーいはに丸みたいなキャラを期待したら、今どきのキラキラキャラだった…
4:2013/08/11(日) 16:50:42.68 ID:
脚はもう少しなんとかならなかったか
5:2013/08/11(日) 17:20:46.76 ID:
山形県とか無駄飯喰らいの原始人繁殖地が
こんなもんで遊んでる暇なんかねぇはずだろ!何の役にも棚内糞田舎が!!