アントシアニンパワーで戦う黒豆戦士、兵庫・篠山市で誕生、市長とがっちり握手、暴れるぜ

1:2013/10/29(火) 08:41:36.66 ID:
“篠山の環境守るんジャー 市公認ヒーロー黒豆戦士”

オレは篠山市の新しいご当地ヒーロー「霧海(むかい)の戦士SASAGROW(ササグロー)」。
多紀連山で修行し、篠山の子どもたちを悪者から守り、自然を守る大切さを教えるため篠山市で誕生した。
28日、初めて市役所を訪れ、酒井隆明市長に会って決意を告げた。
市長も喜んでくれて、市の公認ヒーローにしてくれた。よし、暴れるぜ――。

SASAGROWは、特産の黒豆をモチーフにした、黒ずくめのスーツとヘルメット姿で市役所に登場。
篠山の「S」の文字を入れたバックル、ササの緑のマフラーを着けて、酒井市長とがっちり握手。
市長から「頼もしいヒーロー。市民に希望を与える。明日の篠山のため共に頑張りましょう」と激励され、
公認のお墨付きをもらった。

SASAGROWは、少し照れたり、決めポーズをとったりして喜びを表した。
市の「丹波篠山ふるさと大使」の歌手白石乃梨さん(篠山市出身)が歌う
SASAGROW SASAGROW 勇気を出して――のテーマソングに乗って、
執務中の市職員らに手を振り、来庁の市民や観光客らと記念撮影に収まっていた。

1メートル75。豆の成分アントシアニンのパワーで戦う。
ごみを捨てて住民を追い出す悪者と戦う寸劇を演じ、ごみ投棄防止や環境保護のメッセージを伝える。

市の振興を図るため、市内の民間有志で3月に結成された「ささやまふれ愛フェスタ実行委員会」が、
子どもたちにはヒーローを通して訴えるのが最適と企画した。黒豆の黒と、成長の意味の英単語
「GROW」にちなんで名付けた。

9月に市立西紀北小学校でデビュー。嵐を巻き起こす必殺技「アントシアニン・ストーム」で
敵のボスを倒すと、児童らから歓声が上がったという。今後は、市内の小中学校をすべて巡演する計画。

酒井市長は公認の印として「ふるさと大使に任命する」と即決。
SASAGROWは決めポーズをつくりながら、
「期待に応えたい。篠山の自然と市民の安全を守る。子どもたちに篠山に誇りを持ってほしいとのメッセージを伝える」
と決意を新たにしていた。

実行委会長の同市春日江、自営業大西淳仁さん(47)は
「ヒーローを手本にして道徳観や郷土愛が身につくことを願っています」と話している。


2013年10月29日
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/hyogo/news/20131028-OYT8T01577.htm

6:2013/10/29(火) 17:30:27.06 ID:
ゆるい方がウケがいいと思うんだけどなー