‘2012/05’ カテゴリーのアーカイブ

【いきもの】迷子インコ、住所を正確に話し帰宅 神奈川、3日ぶり

2012/05/12

1: やるっきゃ騎士φ ★:2012/05/02(水) 15:42:26.14 ID:
相模原市のホテルで保護された雄のセキセイインコが、
住所を正確に話したのをきっかけに、市内に住む飼い主の女性(64)の元に
3日ぶりに戻ったことが2日、分かった。

インコを保護した相模原北署によると、4月29日早朝に自宅を逃げ出し、
近くのホテルで利用者の男性の肩にとまった。
届け出を受けた同署が鳥かごで保護していると、5月1日深夜に突然、
インコが住所を番地まで話し始めた。

同署が話した住所に連絡を取ると、飼い主と分かった。
署員は「こんな形で飼い主が判明するなんて」と驚いている。

ソースは
http://sankei.jp.msn.com/life/news/120502/trd12050215080006-n1.htm

3: やまとななしこ:2012/05/02(水) 15:44:05.14 ID:
迷子の子供より偉いなw
4: やまとななしこ:2012/05/02(水) 15:44:55.02 ID:
夜更かしするいけない小鳥じゃなあ

(さらに…)

【自動車】世界初 “次世代のカーナビ”を開発

2012/05/08

1: 再チャレンジホテルφ ★:2012/05/08(火) 22:01:38.15 ID:
ドライバーの目の前にある透明に近いプラスチックの板にレーザー光線を当てて、
道路情報を表示する新しい方式のカーナビゲーションシステムが開発されました。

このシステムは電機メーカーのパイオニアが開発したもので、
ドライバーの目の前に透明に近いプラスチックの板が設置されます。

この板にレーザー光線を当ててカーナビの道路情報を表示する仕組みで、
ドライバーが正面を向いたままで済み、斜め下のカーナビを見る必要がないため、
より安全な運転に役立つとメーカーでは説明しています。

道路案内などの情報はフロントガラスの先に浮かび上がるように見えるのが特徴です。

運転の妨げにならないよう情報の種類は進行方向を示す矢印や
案内地点までの距離など必要最小限に絞り込まれ、文字も大きめです。

会社側によりますと、レーザー光線を使ってフロントガラスの先に
情報が見えるカーナビは世界で初めてだということで、ことし7月に発売し、
想定される販売価格は従来のものより4万円程度高いということです。

国内のカーナビ市場は、ここ数年伸び悩んでいるということで、
製品を企画したパイオニアの山下元之さんは「より安心で快適に運転できる
付加価値の高い製品を投入することで、市場を活性化したい」と話しています。

5月8日 15時49分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120508/t10014969231000.html

4: 名無しさん@12周年:2012/05/08(火) 22:03:04.98 ID:
>>3

えー
近未来的でかっけえじゃん

5: 名無しさん@12周年:2012/05/08(火) 22:03:23.35 ID:
スマホあるのでカナビいらね

(さらに…)

【古生物】新種シーラカンス、カナダで化石発見 既知種と異なり高速遊泳

2012/05/05

1: 29-106@一般人φ ★:2012/05/05(土) 00:16:22.52 ID:
 2億5000万年前の海には、未知のシーラカンスが君臨していたようだ。博物館の化石標本から、既知の種とは
大きく特徴の異なるシーラカンスが特定されたという。
 シーラカンスは移動速度の遅い原始的な種で、すべて絶滅したと考えられていた時期もあったが、1938年に
生きた個体が再発見された。3億2000万年前からほとんど形が変わっておらず、現生種は「生きた化石」とも
呼ばれる。

 研究チームのリーダーでカナダ、アルバータ大学の生物学者アンドリュー・ウェンドラフ氏は、「今回発見
された新種は、現存・絶滅を問わずあらゆるシーラカンス種と異なる」と話す。

 シーラカンスといえば幅の広い尾ビレが特徴である。「これは、エサに向かって短い距離を突進するための
仕組みだ」。しかし、体長90センチの新種の場合、がっしりとした力強い尾ビレを持っている。エサを高速で
追いかける魚の特徴で、例えば現代のマグロによく似ている。

 研究チームの一員で同じくアルバータ大学のマーク・ウィルソン氏は、「分岐した力強い尾ビレが流線型の
体から伸びている。通常のシーラカンスと比べてはるかに高速で移動し、速度を維持できたはずだ」と述べる。

「したがって、広大な海域を巡回してエサを探し、素早く襲いかかって捕らえていたと考えられる」。

 ウェンドラフ氏のチームは、新種を「レベラトリクス(Rebellatrix)」と命名。由来となった英語の
「rebel」は「逆らう者」を意味する。「シーラカンスの“常識”にとことん逆らっているからだ」
とウェンドラフ氏は説明する。

(本文>>2
以降に続く)

▽画像 三畳紀の海でエサを追う新種のシーラカンス「レベラトリクス」(想像図)。
Illustration courtesy Michael Skrepnick

▽記事引用元 National Geographic News(May 4, 2012)
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120504001&expand#title

▽Journal of Vertebrate Paleontology
「A fork-tailed coelacanth, Rebellatrix divaricerca, gen. et sp. nov. (Actinistia, Rebellatricidae, fam. nov.), from the Lower Triassic of Western Canada」
http://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/02724634.2012.657317

依頼がありました。
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1334566070/106

2: 一般人φ ★:2012/05/05(土) 00:16:42.86 ID:
(>>1
続き)

◆大量絶滅後に栄えたレベラトリクス

 調査した化石は1950年代と1980年代にカナダのブリティッシュ・コロンビア州にある州立ワピティレイク公園
で収集された。レベラトリクスの時代、この地域は古代超大陸「パンゲア」の西海岸だったという。

 化石はアルバータ州のロイヤル・ティレル古生物学博物館とブリティッシュ・コロンビア州のピース地域
古生物調査センターに保管されてきた。

「2009年に化石の再調査を行ったところ、自分の目を疑った」とウェンドラフ氏は振り返る。

「2つ、3つ、4つと見つかっていくうちに、ようやく重大な発見だと理解できた」。

 化石の年代を調査した結果、レベラトリクスが最初に誕生したのは2億5000万年前ごろと推測されている。
この時期は、ペルム紀(二畳紀)末の大量絶滅の直後に相当する。原因は未解明だが、地球上の90%の種が
死に絶えたという。

「大量絶滅により、海中で高速移動する捕食動物がいなくなった。その隙間を埋めるように、レベラトリクスが
進化していったのだろう」とウェンドラフ氏は話す。

「他の状況では、シーラカンスがこの特徴を備えることは考えられない」。

◆“壮大なる失敗作”

 アメリカのカリフォルニア州にあるロサンゼルス郡自然史博物館に所属するシーラカンス専門家
ジョン・ロング氏は、次のようにコメントする。「今回の発見は、進化の柔軟性をよく示している。

 2億年続けてきた生活を突然捨てて、ほかのシーラカンスとはまったく異なる役割を占めるとは驚きだ」。

 ただし、動きの遅いシーラカンス種の方が最終的に“勝利”することは、化石や現生種が証明している。
ウェンドラフ氏は、「レベラトリクスは、さらに高速移動能力に優れたサメなどの捕食動物に地位を奪われた」
と話す。

「レベラトリクスは“壮大なる失敗作”だったのだ」。

 今回の研究成果は、「Journal of Vertebrate Paleontology」誌2012年5月号に掲載されている。

(以上本文引用ここまで)

3: 名無しのひみつ:2012/05/05(土) 00:18:00.48 ID:
見た目がアロワナな件についてw

(さらに…)

【技術】「暴れホース」で海賊を威嚇する「アンチ・パイレイシー・カーテン」

2012/05/03

1: pureφ ★:2012/05/01(火) 12:19:11.81 ID:
新開発「暴れホース」で海賊を威嚇する「アンチ・パイレイシー・カーテン」

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=gamTzUars0U

アンチ・パイレイシー・カーテンは、日本郵船グループのMTIと消防用ホースメーカーの横井製作所が
共同で開発した新しいコンセプトの海賊対策装置です。

この装置は、10m間隔に設置された大量放水ノズルによる放水で海賊にボート転覆の脅威を与え、
さらに新開発の暴れホースによって、海賊を遠方から威嚇します。

“海賊のボートが近づいてきたら、1分間に1cm以上の水を海賊のボートに溜まらせることによって、
転覆の脅威を与えるというのが第1の防御です。もう1つは、特許出願済の新しいアイデアの暴れ
ホースというものがあります。ノズルの先から水を出すことで、非常に少ない水量で不規則に動き
回ります。先端に付けた重りによって、上がりすぎずに、船の下の方で暴れてくれるように作りました。”

特に狙われやすい小型船の消火ポンプでも効果を発揮できるよう開発された大量放水ノズルは、
毎時20トンの水量と2キロの水圧でありながら、梯子を掛けられないほどの大量降水を実現します。
また、暴れホースは、不規則な動きと70キロ以上の衝撃力で、海賊の乗込み意欲を削ぎ、船に
上がって来るのを阻止します。

“一般的な海賊対策は、放水銃を使って高圧の水で海賊を吹き飛ばすというものですが、我々の
ものは滝のように水を降らせることで、接近者がいやがるような物を作り、さらに目立たせるということを
しています。”

暴れホースは、非着火性・帯電防止性の認証取得済みです。また、船体損傷防止カバーにより、
船体のペイント損傷も無く、2週間の連続運転を確認しています。

装置はほぼ完成しており、今後は、製品化に向けた改良を行いながら、実際の航海で試験して
いく予定です。

DigInfo TV 25 April 2012
http://jp.diginfo.tv/v/12-0067-r-jp.php

関連ニュース
【欧州】EUの海賊対策が窮地=ユーロ危機影響、艦船不足 画像あり
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/news5plus/1322463926/-100
【政治】海賊対策を1年延長=政府
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1310086067/-100
【韓国】サムスン重工、新しい海賊対策システムを発表
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1295792342/-100

2: 名無しのひみつ:2012/05/01(火) 12:25:29.83 ID:
ジョニー・デップもびっくり!
3: 名無しのひみつ:2012/05/01(火) 12:26:28.61 ID:
ソマリアの海賊をセキュリティが銃撃で応戦
Private security guards shoot Somali pirates
http://www.liveleak.com/view?i=5e2_1333668975

(さらに…)

【生物】ニホンオオカミ 高崎にいた!? 絶滅5年後「1910年に駆除」記事発見

2012/05/03

1: 一般人φ ★:2012/04/30(月) 22:47:08.23 ID:
 一九一〇年一月に高崎市内でオオカミが駆除されたという新聞と雑誌の記事を、吉岡町にある北群馬渋川
郷土館長の小山宏さん(75)=渋川市=が見つけ、「その五年前の一九〇五年に絶滅したとされる
ニホンオオカミだった可能性がある」とみて、骨や皮などの遺骸を探している。 (伊藤弘喜)
 ニホンオオカミは一九〇五年に奈良県東吉野村での捕獲を最後に記録がなく、絶滅したとみられている。
小山さんは二〇〇七年、知人に一九一〇年三月二十日発行の狩猟雑誌「猟友」に「上州の狼退治」と題した
記事が載っていたことを教わった。
 記事には片岡村大字寺尾(現・高崎市)の山林で「大なる狼棲(す)み時々近郷に出(い)で田畑を荒す
事夥(おびただ)しく…同村猟師廣瀬重吉(33)が…一月二十八日夕銃を肩に山深く入り今か今かと息を
殺して待つ程もなく例の狼ノコノコ出で…十五発にて打止めた」とあった。
 小山さんが、雑誌記事を紹介する文章を日本犬保存会の機関誌に寄稿したところ、読者から一九一〇年一月
三十日付の全国紙にも同様の記事があると連絡があった。
 この新聞記事は「人より大い狼」と題し、狼を退治したのが十八日である以外は雑誌記事とほぼ同じ内容。
重さを二十五貫(九三・七五キログラム)とした上で「普通の人間より大なりと云(い)ふ」との記載があるが、
小山さんは「二十五貫は重過ぎ。キログラムと書き間違えたのかもしれない」と推測する。ただ、いずれの
記事も写真はない。
 小山さんは記事の真偽を確かめようと、高崎、安中両市の「廣瀬」姓の二百人超に手紙を送った。すると
安中市の廣瀬さんの孫から返信があり、昨年七月に面会。廣瀬さんが猟銃を持っていたことを確認したが、
オオカミの骨などは残っていなかった。小山さんは「当時、群馬に大型犬がいた記録はなく、人より大きかった
ということはニホンオオカミしか考えられない」と主張する。
 一方、ニホンオオカミの遺伝学的な研究をしている岐阜大の石黒直隆教授(獣医公衆衛生学)は
「これだけでは判断できない。犬は尾が立っているが、オオカミは垂れているため、尾の目撃情報があれば。
ニホンオオカミと犬は形態的に同じで、違いを見極めるにはDNA解析が必要だ」と話している。

▽画像 ニホンオオカミと犬の体型

▽記事引用元 東京新聞(2012年4月29日)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/gunma/20120429/CK2012042902000151.html

4: 名無しのひみつ:2012/04/30(月) 22:54:14.88 ID:
群馬は日本じゃないし
5: 名無しのひみつ:2012/04/30(月) 22:54:34.89 ID:
>>3

文脈から判断して、15発撃ってようやく当たった

(さらに…)